創業65年、近畿を中心に環境保全に全力で取り組んで参りました、千代田塗装工業株式会社

千代田塗装工業株式会社アスベスト除去工事
HOME | 会社案内 | お問い合わせ | リンク | プライバシーポリシー
法人様、個人様問わずお問い合わせください  06-6167-6915
千代田塗装工業株式会社アスベスト除去工事
HOME
アスベスト除去工事
除去工事施行の流れ
見積もり依頼
アスベスト基礎知識
アスベストQ&A
施行事例のご紹介
Q1「アスベスト」とは?その特徴と使用目的は?
アスベストは、天然の繊維状鉱物で、原鉱は普通、岩石状の塊ですが、これを機械でほぐして綿状にしたものが主として使用されてきました。不燃で、耐熱性が高く(1,500℃近くの高温に耐える)、耐薬品性、電気絶縁性等に優れ、更に断熱性も得られるため、建築資材、電気製品、自動車等、様々な分野で使用されてきました。
日本では、1975年に法的に発がん性物質として認められています。
 
Q2 「アスベスト」の種類は?
  アスベストの使用形態は大きく4種類に分けることができます。
 
吹き付けアスベスト
  アスベストとセメントを一定割合で水を加えて混合し、吹き付け施工したものです。セメントなどの含有率が少ないので、解体時や経年劣化とともに飛散しやすくなります。
   
吹き付けロックウール
  吹き付けロックウールは、昭和50年に吹き付けアスベストが原則禁止となってからとくに使われ始めました。昭和43年から55年ごろ(一部は63年)まで、アスベストを混ぜて使用しています。
   
アスベスト保温材(石綿含有保温材、耐火被覆板など)
  アスベスト保温材には、保温材と耐火被覆板があります。保温材は工場などのパイプやポンプ、バルブなどに使われています。耐火被覆板は鉄骨材などの耐火性を確保するために使用されています。
   
アスベスト成形板(石綿スレート、パルプセメント板、石綿セメントサイディングなど
  アスベスト成形板でもっとも代表的なのが、防火・耐水性などに優れる石綿スレートです。建物の外壁、屋根など、広い範囲で使用されています。
通常は飛散しませんが、住宅補修時の材料の切断や解体のときに注意が必要です。
 
Q3 なぜアスベストが問題なのですか?
肺ガンの一種である中皮腫という病気はアスベストの粉塵を一定量以上肺に吸い込むことによって引き起こされるといわれています。
アスベストは種々の分野で使用されてきた物質ですが、今後、空気中にアスベストの粉塵を飛散させる可能性が高いものとして注目されているのが、アスベストとセメントを混合した吹付材です。過去に耐火被覆用または、断熱・吸音用として、このアスベストを多量に含む吹付材が、多くの建物の鉄骨部分、ビルの機械室・ボイラー室、地下駐車場、体育館、講堂、学校、工場等の天井、壁面に施工されました。この吹付材は、固着材(結合材)として、主にセメントが使用されていた為、長年の間に劣化が進み、固着力が低下して、アスベストが空気中に飛散する恐れが出て来ており、建物時における飛散についても問題になっています。
 
Q4 アスベストに関する法令、規制にはどのようなものがありますか?
昭和46年 特定化学物質等障害予防規則
(発散防止設備の設置、特定化学物質等作業主任者の選任、作業環境測定の実施等)
   
昭和50年 特定化学物質等障害予防規則の改正により、以下を規制
1. 石綿等の吹付け作業の原則禁止
2. 特定作業における湿潤化による石綿等の発散防止等による規制強化
3. 雇入れ時、石綿の取扱い業務への配置換え時及びその後6月以内ごとの特殊健康診断の実施
   
平成07年 労働安全衛生規則の改正により、耐火建築物等における石綿除去作業に
 関する計画の届の義務付け
特定化学物質等障害予防規則の改正により、以下を規制

1. 特定作業における保護具、作業衣等の使用
2. 解体工事における石綿等の使用状況の調査
3. 吹付けられた石綿等の除去作業における作業場所の隔離等による規制強化
   
平成08年 石綿取扱い業務に従事していた一定の要件の離職者に対する健康管理手帳の
 交付及び健康診断の実施
   
平成16年 労働安全衛生法施工令の改正により、建材、摩擦材等の石綿含有製品の
 製造、輸入、譲渡、提供又は使用の禁止
   

平成17年

特定化学物質等障害予防規則より分離し、単独の規則である石綿障害予防
 規則を制定

 
Q5 建築物でアスベストが使われているか、どのように調べたらよいでしょうか?
見た目ではわかりません。建築物を施工した業者に問い合わせ、設計図書(建築時の竣工図・材料表など)で確認します。建築時などの情報がない場合は、目視での確認や吹付けアスベストが規制された年代と建築年次、使用されている用途などによる類推する方法があります。また、壁・天井の吹付け材料にアスベストが含まれているかの検査の場合、下記の分析・調査機関にお問い合わせください。
 
HOME | 会社案内 | お問い合わせ | リンク | アスベスト除去工事 | 除去工事施行の流れ | 見積もり依頼
アスベスト基礎知識 | アスベストQ&A | 施行事例のご紹介 | プライバシーポリシー
千代田塗装工業株式会社 〒672-8088 兵庫県姫路市飾麿区英賀西町1丁目29 TEL(079)236-0481 FAX(079)236-8990
千代田塗装工業株式会社 環境事業部 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-8-29-905 TEL(06)6167-6915 FAX(06)6167-6916
Copyrights(c)2007 CHIYODA PAINT CO.,LTD. All Rights Reserved.